コラムColumn

コラムColumn

企業法務にAIの活用を

人工知能(AI)の導入と活用は、昨今、あらゆる業界において大きなテーマになっています。将棋の世界において、AIを積極的に活用している藤井聡太棋士が目覚ましい活躍を見せている影響もあってか、AIに注目する企業や経営者は日増しに増えていっているようです。

弁護士業界もまた、AIの導入と活用を進めています。とりわけ企業法務を扱う弁護士には、AIを活用することによって業務のスピードを向上するとともに、より精緻な仕事をクライアントに提供することが求められています。企業法務とは、契約、労働問題、商取引、個人情報保護など企業に関わる法務を指します。弊所も既にAIを導入しており、業務への活用を始めている法律事務所の1つです。

もちろん、AIはまだまだ発展途上の技術です。ときには、AIが正しくない方向性を示すこともあります。また、クライアントごとに異なる細かいご要望には、AIでは応えきれないこともあります。弊所が企業法務においてAIを活用するときも、AIが示した方向性を参考にしつつ、そこに経験の蓄積に裏打ちされた判断を上乗せすることにより、ベストな仕事をクライアントにご提供できるよう努めています。

このように、現在のAIには限界もありますが、それでもAIを活用しないという選択肢はありません。AIを活用すれば、企業法務においても業務を効率化することが可能であり、その分、クライアントにとってより良いご提案を行うことに時間をかけられるようになるからです。すなわち、AIの活用は、クライアントの利益を最大化できる体制を構築するために必要不可欠です。

経営者の皆様は、企業法務について助言を求める際に、弁護士や司法書士、あるいは行政書士といった士業を活用されていると思います。その士業が貴社の利益を最大化することを意識できているか確認したいときには、AIを業務に活用しているかどうか尋ねてみるとよいでしょう。

この記事を書いた人

ikeura02
東京弁護士会所属
池浦慧 Satoshi Ikeura
お問い合わせ

悩み事はこちらよりお気軽にご相談ください。
専門弁護士がご対応いたします。

カテゴリー