取り扱い業務Services

成年後見問題guardianship

将来の判断能力の衰えが出始めた時のために、いまから準備をしておきたい。

このようなご要望に対して、福澤法律事務所の弁護士が行うサービス内容は以下の通りです。

財産管理を依頼したい人と任意後見契約を締結します。任意後見契約は公正証書によることが決められていますので、公正証書作成の手続も行います。

契約内容相談

どの財産をどのように管理してほしいか、本人や将来後見人になる予定の方とご相談しながら、契約内容をまとめていきます。

契約書文案作成

まとまった契約内容に従って、契約書の文案を作成します。

作成日決定

公正証書作成のため公証役場との打ち合わせを行い、作成日を決めます。

公証役場同行

公正証書の作成日には、公証役場に同行し、手続がスムーズに完了するようお手伝いします。

後見開始申立て

実際に判断能力の衰えが出始めた場合には、裁判所に後見開始の申立てを行い、後見人の方が業務を開始できるよう手配します。

一覧へ戻る
お問い合わせ

悩み事はこちらよりお気軽にご相談ください。
専門弁護士がご対応いたします。