弁護士紹介Lawyers

弁護士紹介Lawyers

026
東京弁護士会所属
菅原英未 Emi Sugahara
鋭い洞察力と細やかな配慮でアドバイス

私は、中央大学法学部を卒業し、横浜国立大学法科大学院を経て、当事務所に入所しました。法律家を目指して上京してきた八王子で、今また弁護士として働いていることに深いご縁を感じます。

まずはじっくりお話を伺い、ご不明な点については丁寧に説明致します。依頼者の方の笑顔につながる仕事ができるよう、誠心誠意取り組むことがモットーです。

今悩まれている問題は、一人より二人で探す方が良い解決方法を見つけられるかもしれません。どうぞお気軽に、ご相談にいらしてください。お待ちしております。


近況報告

ぶどう狩りに行ってきました

毎年9月になると山梨県甲州市の勝沼までぶどう狩りに出かけています。勝沼ぶどう郷駅からずっと続くぶどう畑の風景は圧巻です。

スーパー等では売っていない珍しい品種がたくさんあり,毎年新しい品種に出会えるのも楽しみの一つ。毎年楽しみにしているのが,白ぶどうのロザキ。皮ごと食べることができ,ほのかな甘みがおいしいです。今年は,シャインマスカットとルージュという品種を掛け合わせた「我が道」という品種に初挑戦。名前の通り,甘さを追求したぶどうとは一線を画した,すっきりした渋みがあり,おいしかったです。

もちろん甲州ワインもたくさん買い込んで,今年もホクホク顔で帰ってきました。


菅原英未弁護士について

01:事務所のムードメーカー
とにかく笑顔が素敵な弁護士です。普段はもちろん、どんなに忙しくても誰かに声をかけられるとニコっと笑ってくれるので、周りの空気が明るくなります。何でも聞きやすく、かつ話しやすい先生の雰囲気は、老若男女問わず好感を得ています。
02:物事をハッキリ伝えます
雰囲気はとても柔らかいですが、関西気質も一因してか、思った事はズバっと言います。それでも、意見は的確ですし、女性らしい気遣いも得意な弁護士なので、相手から反感を買うようなことはほとんどありません。
03:ギャップがあります
見た目と中身のギャップには、よく驚かされます。当初は物静かなタイプという印象がありましたが、実はとても明るくて、ツッコミもこなします。また、普段はとても優しいですが、業務中は、自分が依頼者だったらとても心強く感じるだろうと思うような、毅然とした対応をしています。

自己紹介

01:おやつの時間でホッと一息
お茶を淹れ、お菓子を食べる時間が一番リラックスできる時間です。美味しいお菓子を求めて、情報収集に余念がありません。海外の珍しい洋菓子も好きですが、北海道のバターサンドや沖縄のちんすこうといった地方の銘菓も大好きです。最近では、お気に入りのカップに淹れたお茶と一緒に楽しんでいます。
02:野球観戦が好きです
いつもシーズン中は何度か観戦に行くようにしており、好きなチームのユニフォームを着て応援歌を歌って応援します。そうすると、試合に勝っても負けてもスッキリします。東京近辺は球場がたくさんあるので、あちこちの球場に出掛けては観戦を楽しんでいます。
03:将棋を指します
数年前から将棋を始めました。まだ4枚落ちを勉強中の初心者ですが、あらゆる可能性を想定し、最善の一手を求めて、ひとつずつ確認していく思考過程が面白いなぁと感じています。また、盤面にその人の個性や人間臭さが現れるところも好きです。将棋を始めてから、将棋好きの方とお話が盛り上がる機会が多くなったことも嬉しいことのひとつです。
お問い合わせ

悩み事はこちらよりお気軽にご相談ください。
専門弁護士がご対応いたします。