取り扱い業務Services

ご相談事例Case

遺言書の検認を弁護士がアドバイス

Q:亡くなった母のタンスから、手書きの遺言書(自筆証書遺言)が発見されました。 まず、どうしたらよいでしょうか。

A:自筆証書遺言の場合は、まず、遺言書の検認手続きをする必要があります。

遺言書の検認手続きとは、遺言書の存在と外形を家庭裁判所で確認する手続きです。

遺言書を発見した方は、家庭裁判所に検認手続きの申し立てをする必要があります。ただし、この手続きは、遺言書を書き換えられることを防ぐための手続きであって、遺言の内容や効力の有無を判定するものではありません。

ですから、検認手続きがされたからと言って、遺言書が有効であることが確認された訳ではありません。

一覧へ戻る
お問い合わせ

悩み事はこちらよりお気軽にご相談ください。
専門弁護士がご対応いたします。