取り扱い業務Services

ご相談事例Case

遺留分減殺請求はいつまでできますか?

遺留分減殺請求権には期間の制限があります。

1 遺留分権利者が、相続が開始した事実、および自分の遺留分が侵害されている事実を知ったときから1年間、遺留分減殺請求権を行使しなかったとき

または

2 相続の開始から10年が経過したとき

は遺留分減殺請求権は時効によって消滅してしまうのです。

そのため、遺留分が侵害されたことが分かったら、できるだけ早期に遺留分減殺請求の通知をしなければなりません。それによって、時効の進行を止めることができるのです。
また、その通知は確実に証拠として残るよう、内容証明郵便によって行うべきです。

一覧へ戻る
お問い合わせ

悩み事はこちらよりお気軽にご相談ください。
専門弁護士がご対応いたします。