取り扱い業務Services

ご相談事例Case

遺留分減殺請求とは何ですか?

Q:遺留分減殺(いりゅうぶんげんさい)請求の趣旨を教えてください。また、どのような人が請求できるか教えてください。

 

A:というのは、遺留分とは、「一定範囲の相続人に、最低限残さなければならない遺産の割合」を定めたものです。
自分の財産は、自分の判断で自由に処分できるのが原則です。誰に贈与しても良いですし、遺言で誰に何を相続させるかを決めることも可能です。したがって、被相続人が、遺言で全財産を他人に譲ってしまえば、たとえ、その配偶者や子どもであっても、1円の遺産も受け取れないことになってしまいます。

しかし、これを全面的に認めると、あまりにも酷です。とくに、被相続人と密接な関係にある配偶者や子どもが1円も受け取れないというのは不公平です。  そこで、法律は、このような密接な関係にある人については、遺産の一定割合の取分があることを認めたのです。これが「遺留分減殺請求」の制度です。

したがって、遺言書があるから1円も受け取れないと早計に判断するのは禁物です。以下の範囲に該当する人であれば、一定の割合で遺産を受け取ることができるからです。

この請求が認められる人は、配偶者、直系卑属(子、孫など)、直系尊属(父母、祖父母)です。
また、遺産について取分が認められる割合は、直系尊属のみが相続人である場合には相続分の3分の1、それ以外の場合は相続分の2分の1です。

もし、相続人が遺留分を侵害されている場合には、対象となる遺贈や贈与等を取り消して、自分に財産を戻すよう請求することが出来ます。これを「遺留分減殺請求権」と言います。

一覧へ戻る
お問い合わせ

悩み事はこちらよりお気軽にご相談ください。
専門弁護士がご対応いたします。