取り扱い業務Services

ご相談事例Case

特別受益とは何ですか、どのような場合に認められるのですか。

Q.長男は、被相続人から、生前に旅行費用として50万円の贈与を受けていました。この50万円は特別受益ですか。

A.特別受益とは、共同相続人のなかで、被相続人から、次のような特別の利益を受けていた人がいる場合、その受けた利益も遺産の一部とみなし、分割の対象とすることで、相続人間の公平をはかる制度です。

 1 遺贈
 2 婚姻のための贈与
 3 養子縁組のための贈与
 4 生計の資本としての贈与

ここで生計の資本としての贈与とは、「遺産の前渡し」といえるだけの特別な贈与でなければなりません。「特別な贈与」かどうかは、贈与された財産の価格、贈与の経緯、相続人の受けた利益などが基準になります。

この基準からすれば、設例のように50万円程度の旅行費用ですと、特別受益が認められる余地はないと考えられます。

一覧へ戻る
お問い合わせ

悩み事はこちらよりお気軽にご相談ください。
専門弁護士がご対応いたします。