取り扱い業務Services

ご相談事例Case

利息制限法による引き直し計算とは、どのような事をするのですか。

従来、貸金業者が債務者(借金をした人)との間で定めた借金の利率は、法律(利息制限法)で認められている利率より高いものであることが一般的でした(グレーゾーン金利)。そのため、適法な利率で計算し直すと、債務者は、本来支払わなければならなかった分を超えた金額を貸金業者に支払っていたという事態が発生することがあります。この払いすぎた部分を元金に充当すると、業者の計算よりも債務額は減少します。これを利息制限法による引き直し計算と言います。この引き直し計算により、弁護士は債権者に対し債権の減額を主張することができるのです。

一覧へ戻る
お問い合わせ

悩み事はこちらよりお気軽にご相談ください。
専門弁護士がご対応いたします。